HyperMacとMagsafeコネクタ

MacBook Air(以下、MBA)はバッテリーの交換は不可能かつ外付けバッテリーは売られていません。しかし、Web上にはHyperMac何てものが売られています。昔は、Magsafeコネクタの付いたケーブルも同封されていたようですが、特許の関係で同封が終了したようです。現在では、Apple純正のMagsafe Airline Adapterを間に挟むことで利用可能な状態にしているようです。

でも、これではケーブルが嵩張るので全くモバイル向けとは言えません。無いものは仕方ないと諦めてはいけません。無いのなら作ってしまえばいいのです。と、言う訳でこのページが生まれました。でも、安全性については保証しないので、ご注意下さい。


用意するもの


ケーブルの準備

Magsafeプラグのピン配列はこんな感じ

  1. Magsafeコネクタ付ケーブルを切断

  2. ※間違ってもMagsafeコネクタ側を切らないように!!
  3. カッターで被服を剥がす
  4. 外側の被服を剥がすとこんな感じ


    内側の被服も剥がすとこんな感じ


ハンダ付け

ハンダ付けする前に黒い奴を先にケーブルに通しておく(←これ結構重要)。外側の網状の線を長い方に、内側の線を短い方にハンダ付けします。どっちをどっちに付けるかはテスターで調べると分かるので省略。


※ハンダ付けしてはみたものの・・・。ヘタクソ。

黒い奴を付けるとこんな感じ。


テスト

Wikipediaのピン配列を参考に以下を確認

こんな感じで↓↓


実際に使ってみる

問題なさそう

Copyright (c) 2011 filly. All Rights Reserved.